Surface Laptop 2 長期使用レビュー

Surface Laptop 2 長期使用レビュー

こんばんは、織田檸檬です。

SurfaceLaptop2、購入してから2年ちょい経ちました。購入時組んでいた24回無金利ローンも無事払い終えて、完全に僕の所有物となりました。

以下開封時のレビューと1か月たった時の実機レビュー、あわせてリライト要素として長期使用レビューの方も書いていこうと思います。

YouTubeで見たい方はこちら

↓開封・ベンチマーク篇

↓1か月使った実機レビュー

買った目的

買った目的に関しては私的なことなので動画では語っていません。なのでこちらに書いておきます。

買った理由は仕事で使うからです。
もともと漠然とほしいなと思っていたのですが、特に理由がなくて見送っていたんです。
ところが打合せのとき、手持ち無沙汰になってしまって、ノートパソコンの必要性を痛感しました。
これからも打合せは増えていくし、プライベートでも旅行とかに使うかもしれないし、iPadとは別に、パソコンは持ってたほうがいいなと思いました。
そこで購入を決意。

最後まで迷っていたのはMacBookProの13inchとVAIO S11。
MBPは安定・安心でしたし、VAIOはSIMも刺さるし入出力も豊富で、しかもいまなら期間限定色の赤もあって、だいぶ迷いました。

決め手は操作感デザインでした。

操作感の評価は主にタッチパッドと打鍵感です。
AppleのTrackpadに慣れていたので、クリックが分離されているVAIOはこの段階で除外。
Trackpadに慣れているならApple一択になるところですが、店頭でSurfaceを触ってみると、意外と似た操作ができて好印象に。

さらに、キーボードの打鍵感。
Surfaceの方がしっかり沈むし打ってる感があってとても良く思いました。MacBookProの方もぺたぺたした音がして気持ちよかったのですが、打った感覚が忘れられなかったのがSurfaceだったのでSurfaceにしました。

デザインは言うまでもなくSurfaceLaptopのコバルトブルーが圧勝。

去年の段階から気になっていたので、店頭で触り、心が決まりました。

あとは最小構成にするか、盛るかの悩みでしたが、予算的にも使い方的にも、そこまでヘビーなものは必要ないだろうという判断で、安い最小構成のものを選びました。
最小構成は店舗に在庫があったおかげで、オリコのショッピングローンを駆使しても、2,3日で製品が届きました。

1か月使用レビュー

その1:起動と終了

動画でも言及していますが、まだ新品同様なので爆速です。
シャットダウンに5秒、起動に25秒。(しかも起動はChromeが使えるまで)とても速いです。

ただ高速起動にチェックが入ってるいるので、その影響かもしれません。
これを切ると遅くなるかと思います。

とはいえ全体的にサクサク動きます。前回の動画で計測したSSDのアクセス速度は嘘じゃなさそうです。

Laptop2の内部SSDは優秀

その2:バッテリー持ち

バッテリーの持ちは動画でも検証しましたが、ネットの動画を見続けるだけなら8時間30分持ちます。ただ実際はもっといろいろなことをしてCPUに負荷をかけるのでこれよりも持ちは悪くなるかと思います。
動画編集などをしたらなおさら遅くなるでしょう。

公式が発表していた最大14.5時間はだいぶ盛ってると思います。そこまで持たないです。
でもまぁ体感7,8時間は持つと思うので、こんなものかなと思います。

ちなみにバッテリーとはあまり関係ないですが、電源アダプターには充電用のUSBがついています。
なのでコンセントを一個ふさいでしまっても、PCのUSBを犠牲にせずにスマホを充電できます。これは地味に便利ですね。

電源アダプターは充電用USB付き

その3:ネットブラウジング

動画ではChromeを使いました。
正直ネットは回線速度も影響するので、厳密なことは言えませんが、とはいえ使っている分にはストレスを感じることはなく快適につかえています。

もちろん、画面が小さいのでブログの執筆などいろんな窓を立ち上げる人には狭いかもしれませんが、ノートパソコンである以上、仕方のないことだと思います。

3:2の画面なので、16:9の一般的なフルHDの画面よりも縦が大きく、見やすいです。
逆に動画を見ると上下に黒帯がでます。画面ギチギチに見たい人はもやっとするかもしれません。

僕はタブをあまり開かないのでタブを多く開くと動作がもっさりするかもしれません。そこらへんは店頭で試してみてください。

その4:画像編集(Photoshop)

動画でも言及していますが、この検証も正直あまり参考にはなっていないような気がします。僕自身がPhotoshopはあれくらいのことしかしてないので、僕的には使えるレベルですが、もっと専門的なことをしている人には検証材料が足りないと思われるでしょう。

ざっくりとした感想をいえば、写真の加工やトリミングであれば全然使えます。
ただイラストを描いてる人でフィルターをたくさん使う人には重いかと思います。

僕の使っている機種(i5/8G/256)よりもメモリが倍でCPUもワンランク上の機種であればもしかしたら快適かもしれませんが、コスパ的にどうかなのかなという感じです。

その5:動画編集(Premiere / AfterEffects)

デスクトップ(iMac Late2015 24GBRAM R9M395X)で編集したPremiereデータを持ってきたところ、プレビューがカクつきました。動作もちょっともっさりしています。
デスクトップで作業していたときはここまで重い感じはなかったと思うので、やはりキツイのかなと。ファンもなり始めたので、負荷が大きいみたいです。
Lumitri Color エフェクトを調整レイヤーとして全部にかけてからのプレビューなので、外せばもっとスムーズにプレビューできるかもしれません。まったく使えないというレベルではないです。

AEの方でもちょっと重いかなという感じでした。
カメラをおいたりモーションブラーをかけたりいろいろやってみましたが、こちらも使えないわけではなかったです。
ただ3:2の画面で横がない分、ちょっと狭い印象を受けました。
ネットブラウジングでは恩恵を受けていたところですが、こと動画編集になると欠点になりそうです。

アプリ起動に関してはどちらもスムーズに立ち上がりました。

長期使用レビュー

ここからは、購入時から2.5年経ったあとのレビューを書いていきます。

USB1個だとちょっと物足りないかも

かもと書いたのは、そこまで困った場面に出くわしてこなかったからです。一個でもまぁ事足ります。ただデータサイズが大きいものを別のHDDとかに移すとかになると2個ないとできない(正確には、内部ストレージが足りない)ので、大きなデータを移すことがよくある人には向かないかと思います。

やっぱ汚れる

使用頻度はそんなに高くない方ですが、トラックパッド横の部分はやはり汚れます。使用感ははっきりわかるので、人によっては不快かもしれません。中古で手放す際も大きなマイナスになりそうです。

電源がGOOD

これはM1MBAを買ったからことですが、電源が磁石でくっつくタイプになっていて、それがよかったなと。気軽に着脱できるし、端子が壊れることも少ないし便利です。

電源のほうに充電用のUSBがあるのも助かります。これ持ってればACアダプター持って行かなくてすむので荷物を減らせますし。

安定しててGOOD

最大の良い点として、OSが安定しているところです。僕が使った限りだと一回もブルスクに出くわすことありませんでした。正直驚きです。さすが本家が作ってるハードだなと思いました。なんならデスクトップパソコン手放してSurfaceBook3買っちゃおうかなと思ったくらい。それくらい安定してました。運がよかっただけなんでしょうか。

まぁ厳密にいうと、たまにファンが唸ってもっさりしたり、電源ボタン押しても起動しなかったりなどちょっとしたトラブルはありましたが、ほんの数回です。僕的にはマイナスにならなかったですね。

zoom会議にもGOOD

内臓されているマイク、カメラも全然使えます。MBAとかと比べると違いがでますが、会議に参加するくらいなど、画質音質こだわってない人からすると十分です。

M1MBAが出た現在だと選ぶ理由が弱い

強いてあげるならWordなどのOffice系が付属する点がアドバンテージですが、2022年時点では、性能的にもコスパ的にもM1MBAのほうが満足感高そうです。

ただApple製品やMacOSの操作感が苦手という人も多いと思うので、そういう方はSurfaceLaptopを選んでもいいと思います。

USB-C変換ケーブル使うとよりGOOD

Surfaceの端子-USB-Cケーブルが市販で売られています。これを使うと、USB-Cでそろえることができるので良いです。

僕はこれを買って使っていますが、問題なく使えています。

>> 【購入ページはこちら】Minopara USB-C to Surface 急速充電ケーブル

オピニオン

ここからは個人的な意見や感想などを書いていきます。

Surface Laptop 2はどういう人におすすめできるか

文章作成やネット、動画鑑賞、画像加工、浅く広くする人で、キーボードショートカットやマウス操作がメインであり、Windowsを所望して、かつ見た目が気に入った人です。

kwsk

ビジネス用途ならVAIOの方がいいかもしれません。僕は営業職ではなく映像制作業なのでなんとも言えませんが、さすがにこのLaptop2のインタフェースは寂しすぎます。USB一個て。
VAIOならその点、USBも複数個あるしHDMIやVGAの出力もできる、SDカードもさせるし、LANもさせる。SIMもさせる。コーヒーをこぼしてもある程度は大丈夫。
CPUも第8世代だしメモリも8GB以上選択できる。言うことなしです。ただお金がかかります。高いです。お金があれば断然VAIOがいいでしょうね。

家で軽く使いたい人は、もっと安いのを探したほうがいいかもです。僕の構成(i5/8G/256)15万円します。正直コスパは悪いです。
iPhone使っている方ならMBAの方が、連携も取れるし同じAppleだし、困ることないと思います。特にM1MBAはコスパ良いですし。iPhoneユーザーならLaptop2を選ぶメリットがあんまりないかも。
ネットサーフィンメインならタブレットの方がいいと思います。文字打ちにくいという人はキーボード買えばいいと思います。

動画編集できるかと言われれば、できなくはないけどやりたくない、というところでしょうか。
映像制作会社に勤務している身からすると、Laptop2でPremiereを使うのは無いかなと思います。AEも同じく。

とまぁいろいろ書いていきましたが、読んでわかるとおり、Laptop2を選ぶ理由がそこまでありません。

じゃあなぜ僕は買ったのか。

それは、見た目です。

総評:見た目が好きならいいんじゃないの?

Surface Laptop2 は余計なソフト(年賀状ソフトなど)が入っていない、いわゆる普通のPCです。オーソドックス。

ただ、値段は高めです。同じスペックであればASUSなどのほうが安くて選択肢があります。

となると、Laptop2を選ぶ決定的な理由が無いように見えます。

しかしデザイン。これに関しては、ほかのマシンにはない魅力があります。
赤、青、黒。他にはないカラーリングがLaptop2にはあります。Alcantara® キーボードのすべすべした肌触りも良いです。画面比率も3:2で縦に広く日常使いとしてはありがたいサイズ感で、安定しているOS。ゴリゴリに主張してくるメーカーロゴもない。デザイン的にはとても良いです。

この理由を見て、バカバカしいと思う方は買うべきではないでしょう。
逆にわかるわかるという人にはおすすめしたいと思います。

終わりに

余談ですが、Unityはさすがに重かったですね。読み込みに時間かかるし、質もちょっと落ちてる気がします。
まぁLaptop2で3DCG触ってるアホは僕くらいでしょう。

かくかくしかじかメブキジカ。買って満足しているのでよしです。
旅行先で写真や動画をチェックできる、会議をドヤ顔で参加できる、何よりWindowsだから場所を問わずにエロゲができる!

Laptop2気になっている方の参考になれば幸いです。

以上です。