WH-1000XM5は買いなのか? 【購入・レビュー】

WH-1000XM5は買いなのか?  【購入・レビュー】

こんばんは、織田檸檬です。


今回は、2022/5/27に発売されたWH-1000X系の新型、WH-1000XM5が買いなのか?というテーマでレビューをしていこうと思います。

>> 【購入はページはこちら】SONY WH-1000XM5

ショート動画

結論

はじめに結論から述べたいと思います。
このWH-1000XM5、買いかと言われると、価格を許せるなら…という感じです。

5万円という値段。これを高いとみるか安いとみるかは、その人の経済状況とか価値観によると思うんですけど、5万円以内のヘッドホンはこの1000XM5以外にも選択肢があります。
かつ、似たような機能を持つもの、例えばノイズキャンセルとかバッテリー持ちがいいとか音質がいいとかっていうのも、各メーカーからいろいろ出ています。
そんな中で絶対これを選ぶ理由っていうのは、正直そんなにないんじゃないかなと思っていて、万人に買えと言えるほどのものではないと思ったというのが、正直な感想です。

じゃあなんで僕が買ったのか、ということに関しては本筋から若干ズレそうなので、最後に述べます。

外観

まず外観の方から見ていきます。

質感はいい感じ

購入したのはプラチナシルバーの方です。シルバーと名前がついてますが、ベージュのほうがニュアンス近いかもしれないです。
質感はマットでナチュラル/ミニマル(ミニマム?)な感じがあって良いと思います。どことなく無印良品感がありますね。
M5は形状に大幅な変更があります。ヘッド部分は細めになり、伸縮は無段階化されました。重さも旧型から若干軽く(約4g)なっています。
4g程度なので、ほぼ誤差の範囲ではあると思いますが、見た目が細くなった分、数値から受ける印象よりも軽さを感じます。

またイヤーパッド部分も「ソフトフィットレザー」というものに変更されています。公式曰く「柔らかく装着時の安定性に優れている」そうです。触ってみると、中身が詰まってない、ふにゃふにゃな感じがして、進化というより劣化したのではという気持ちがありましたが、つけてみるとそうでもなかったです。

この流れで紹介したいんですけど、今回EarTouchさんが出されているイヤーパッドも買ってみて使ってます。これもYouTubeでよく紹介されてるパッドカバーなんですけど、いい感じです。

>> 【購入はページはこちら】EarTouch 2

材質はユニクロのエアリズムみたいな感じ

パッドだけカバーするんで音に直接影響ないのが良いのと、あとカラバリとかサイズとかいろいろ豊富なのも良いなと思います。
ちなみに1000XM5だと、M55っていうのがサイズが合います。

使用感

続いて使用感についてです。使用感については

  • 操作感
  • 音質

の2点について言及します。

操作感

まず操作感です。
僕は今回はじめてこの1000Xシリーズを購入したので、どうやって使いはじめていいのかちょっと迷いました。
しかしアプリを入れることで万事解決しました。もし僕と同じくはじめてという人は、AppStoreなどから「Sony Headphone Connect」をインストールしましょう。アプリの導入は書くこともないくらい簡単です。

アプリをインストールすることで、イコライザーを調整したり、ノイズキャンセルのプリセットを選んだり、使用時間や平均音圧などのデータを確認したりすることができます。個人的に使用時間などのデータを確認できるところが面白いなと思いました。

初期設定で有効になっているジェスチャーがいくつかあるので、意図しない機能がある場合はオフにしておいたほうがいいでしょう。
僕の場合、耳あてのポジションを微調整しがちなので、はずすと一時停止する機能は切りました。

それからバッテリーですが、僕が思ってるよりもだいぶ持ちそうな印象でした。
公式では30時間くらい持つそうなので、1日起きてる間くらいは充電せずに使えるんじゃないかなと思います。

速度に関して、計測してみたところPDで1分で4%充電されるみたいでした。25分もあればゼロからフル充電までいけそうです。
ただこれは充電環境や充電器の性能にもよるし、1回しか計測してないので、あまり信用しないでください。

あと地味にUSB-PDに対応しているので、普段使っているiPadPro用のUSB-Cをそのまま利用できるってのはかなり便利だなと思いました。

それくらいでしょうか。言うてただのヘッドホンなので操作感的にはこれ以上特筆すべきことはなさそうです。特に問題がなかったというのが、最大のメリットなのではないかと思います。

音質

つづいて音質です。
ここに関しては僕の主観がふんだんに盛り込まれているので予めご了承ください。

まず低音の鳴りがすごい
イコライザーにCLEARBASSという重低音をいじれる項目があるのですが、+7くらいでだいぶお腹いっぱいになるくらい低音が鳴ります(最大は+10)。いままでイヤホンをメインに音楽を聞いていたので、正直うぉぉと感動しちゃいました。
もしかしたらヘッドホン界隈ではこれくらいの低音感はよくあるレベルなのかもしれないですが、個人的にはここが結構驚きポイントでした。

かといってこもるようなことはなく、明瞭感もしっかりあります。イコライザーをいじればより高音を伸ばすことができます。
ある程度はイコライザーを使って自分の好きな音質に追い込むことができるんじゃないかと思います。

以上はスマホと接続したときの感想で、次にウォークマンと接続したときの感想に移ります。

僕が持ってるウォークマンはNW-A50という2018年に出たモデルです。それと接続して音楽を聞いてみた感想なのですが、まぁまぁいい感じなんじゃないのかなと思いました。
ただBluetoothで繋げて使う場合、スマホとやってることが変わらないので、使う理由があまりないかなと思いました。
有線接続ならウォークマンの目玉機能であるバイナルプロセッサーをはじめ各種音質が活用できるので良いと思います。ウォークマンをお持ちの方なら有線でつなぐほうが楽しめそうです。

面白いなと思ったのはBluetooth接続の場合、スマホアプリで設定したイコライザー設定を活かしたまま聞けるという点です。
道理でウォークマンと接続した際に音質似てるなと思いました。

しかも「2台の機器と同時に接続」をオンにした状態だと、ウォークマンの操作をスマホでできます(再生・前後曲送り・音量調整)
なんでスマホアプリ側でウォークマンの操作ができるのかわかりませんが、スマホに操作体系を集約できるのはよい点だと思います。(ヘッドホン側の操作をスマホでやってるだけかな)
ただ「2台の機器と同時に接続」にすると、接続がSBCになるので、そこらへん注意してください。

ちなみになのですが、有線で聞く際も電源ONにしないといけないようですが、最悪OFFでも音は出ます。ただなんの処理も施してない、もちろんノイズキャンセルも効いてない、素の音が出てくることになります。

まとめ

よいところとそうでもないところまとめるとこんな感じです。

Pros

  • 質感もよくて、見た目も良い
  • 旧型よりも若干軽い
  • カラバリがある
  • バッテリー持ちが良いのと充電速度がはやい
  • 低音がめっちゃ鳴る
  • ノイズキャンセルは従来どおり良好
  • スマホとの接続がスムーズで操作しやすい

Cons

  • 値段が高い
  • 折りたためない
  • つけてても勝手に電源が切れる

旧型を持っている人の意見として折りたたみができない点がマイナスというのが見受けられます。そうかもしれないです。
なので持ち運びをする人であればM4とかのほうがいいかもしれないです。あとは航空機用の変換プラグが付属しなくなったという点ですね。ただこれは「航空機 変換」とかでアマゾンを検索すれば代用品は手に入ると思います。

あと勝手に電源が切れる問題ですね。これは公式のFAQにも載っていて、付け方がよくないと電源が切れるみたいです。これちょいちょいあるんですよね。僕のだけなのか、僕の付け方が悪いのかよくわからないです。自動電源オフの機能をオフにすればよいというのもあります。

個人的にはスマホアプリ側で設定したイコライザーが、ウォークマン再生時にも反映されるってのが良かったなと思いました。
もしかしたらBluetoothで接続できるものなら、どの機種でもイコライザーが生きるんじゃないでしょうか。
というか最近のヘッドホンはみんなそういうもんなのかな。。

なぜ僕は購入したのか

で最後、買いかとどうかで曖昧な答えだった僕がなんで買ったのかという理由なんですが、4点あります。

  • 出たばっかりだから
  • 多くの人が使ってたから気になった(ミーハー心)
  • 5世代目ということで完成度高そう
  • 黒以外の選択肢があったこと

みんな使ってるというと語弊がアリそうですが、なんかYouTubeやってる人全員持ってるイメージで、本当に良いのかなという興味があったっていうのが結構デカイです。

あと黒以外のヘッドホンが欲しかったというのがあります。ほんとはグリーン系のものが欲しくて、WH-H910Nとかも検討してたんですけど、どうせ買うなら最新モデルが欲しいなと思って。
あとはM5ということで、5世代目なんですよね。なので安心要素があったというのも購入に踏み切れたポイントかなと思います。

ということでね、買った理由に関しては僕の新し物好きとか興味とかが主で、めっちゃ吟味して購入したってわけではないんですよね。
なので、買いなのかという問いが曖昧になっちゃいました。
これ以外にも、良いヘッドホンってたくさんあると思うので。

終わりに

はい、というわけでWH-1000XM5は買いなのかというテーマでのレビューでした。

5万円はけっこうお財布にダメージがありましたが、その分音質とか取り回しとかいろいろな面で満足してるので、良い買い物をしました。長く愛用していければなと思っています。

では、以上です。